クレジットカード初心者が注意しておきたいこと

クレジットカードはとても便利ですが、使い方を誤ると思わぬ失敗をする危険性があるので注意が必要です。クレジットカードは契約者本人が責任を持って管理使用すべきものです。なので例え親しくても、家族や友人に貸してはいけません。万一事故や損害が発生した場合には、自分が全ての責任を負うことになります。なのでカードは絶対に人に貸したり、暗証番号を教えたりしないよう注意しましょう。またクレジットカードの支払いを延滞しないことが大切です。もし3か月以上支払いが滞ると、専門の信用情報機関のブラックリストに記録が残ってしまいます。大切な自分の信用が損なわれてしまうので気を付けましょう。またカードが届いたら真っ先に裏面に自分の名前をサインしておくことも大切です。