クレジットカードが利用できるということはその人に金銭面の信用があるということです。買い物には便利です。

クレジットカードは買い物をした場合の決済(支払)手段に用いられます。通常のカードは後払い、つけ払いで後日決済されます。締日と言う日が決められていてその日までに買い物をした合計金額が翌月末に決済されるとか、分割払い等もあります。そのクレジット毎に約款で決められています。クレジットカードにはVisa やMasterCardやJCBなど多くのクレジットカードがあります。世界的にはVisa やMasterCardが多いですが、日本ではJCBが一番利用者が多いです。クレジットカードに加入するにはその加入したい人の信用情報に基づいて審査があります。審査に落ちると加入できません。加入しますと通常5~30万円とかクレジット会社の規定に基づいた限度額まで利用できます。申請すると信用に応じて限度額を多きな金額に変更することもできます。クレジットカードには年会費が必要なカードと年会費が必要でないカードもあります。クレジットカードの利用時には信用照会と言うものが行われ、それにOKが出ないとカードは利用できません。